検索

2011.7.9

やぎの黒目のところ、 長細いの。 あれ、かっこいいよなあ。 予備校生のとき、自由課題で、 動物の目をピックアップして描いて、 そのとき初めてきがついた。 ニホンザルは結構こわめだし。

モンハナシャコは色を感知する細胞が12種類あるんだって。 人間は3種類。 あたしも3種類。

どんな風に見えてるんだろう。 色んな目になってみたい。

人間も、もしかしたら、みんな違って見えてるかもしれない。 私にとっての赤は、 誰かにとっては青かもしれない。 生まれて今まで、その色を、その名前で呼んできてるから、 私にとっての赤のことを、青って言ってるかもしれない。 これ、説明むずかしいんだけど。

その人の目になってみないと、どんな世界をみてるのか、 わからないと思う。

私は、私の目が好き。 視力は悪いけど、 とてもよくみてくれる、立派な目だと思う。

モンハナシャコ、いつかなってみたいなあ。 25個くらい先の来世で。