検索

2011.9.8


昨日、ついにコンサートに! マーラーを聴いた。弦楽器はとてもきれいな音をだしてた。 すてきだったー。ちょっぴり寝ちゃった。気持ちよかった。

その前に、指揮してる人が作曲したものを2曲聴いた。

説明の中にも不協和音になるって書いてあったけど、 ほんとに不協和音で、でも不快なほどじゃなくて、 それで、ナンダカ、イメージできたのが、 あたしの頭のなかにいる、ちっさいおじさんの虫。 最近めったに現れないけど、 そいつは虫だからちっちゃくて、 いっぱいいて、いっぱいいるのに、 みんなテンデばらばらのことを、 もそもそしゃべってんの。

すごいきになるんだけど、 害はない。 みたいなやつ。

そのときの、 おじさんたちの もそもそしてる、 そんな感じに似てる音だった。

ああゆうのは、 作った本人は気持ちよくできるだろうけど、 演奏してる人はどんな気分なんだろう。 うっとりしながら弾く音ではない気がするんだよなぁ。

なにかにのめりこんで演奏したり、 描いたり、 そういうのはとても共感するし、 気持ちいい。 それとはちょっと違う演奏に感じたとさ。

マーラーは気持ちよく演奏してると思った。

いろんな音をきいてみたいな。

いろんな美術館にいけるみたいに。

次は美術館に行こう。

植物園にもいきたいな。

最近動物園も行ってないな。