検索

2018.8.25

こどものとき好きだった本

太陽のおなら

どろんここぶた


私のとぎれとぎれのことばは

この詩集

太陽のおなら

の影響かもしれない


文章では

足りすぎて


間違えだらけになってしまう


詩に近い

言葉のつながりだと


足りなくて

伝えきれてないことも

たくさんあるかもしれないけど


正解がわからないままに

生きてるのだから


そのまま

ちょっと

わからなくて

考えさせてしまうくらいの方が


伝えたいことの

半分くらいは伝えられて


いい気がしてる


もうちょっと

うまく伝えようと思っても

たいてい

言葉では

同じことを言ってしまう


頭の中では

違う意味や違うシチュエーションが

流れているのだけど。


わたしはわからないのだよ

わからないの

正解がなにかなんて

わからない


だから


教えることはできないけど


一緒に

考えることは

できると思うのだよ


正解なんて

さっぱり

わからないんだよ


でも

笑顔になる術や

笑顔になる理由を

みつけたいんだよ

みつけてみせるよ


私はわからないんだって

声を大にしていうよ


わからない。


みんな

全員

違うんだもの


みんな

全員

すてきなんだもの


わからないけど


探すよ

みつけるよ


わからないから


いつか

わかるよ