検索

2018.9.3

最近は仕事をしない日

を設けるようにしてます

机に近づかないようにする

だけなんだけど、

机の前には

やりたい仕事のリストやメモがあって

すわったら最後

脳みそがフル回転してしまう


みたかったけど

お江戸でやるとなると

見逃す映画が多くて

鵠沼海岸のシネコヤは

時間差で見逃した映画をやってくれてて

リクエストしたかのように

本当にドンピシャでくるから

嬉しいのだけど


みんなの学校も

脳みそお休み日にみてきた


マンパワーだなぁ

と思う

人には

人が必要なんだなぁと


正解がわかってできることなんて

なくて

人はみんな違うから

全部ぶつかってみないと

わからなくて

1番悲しいのが

触れないこと

なんだろうなと

思った


何かが起きるから

わかる

何も起きないようにするのではなく

問題を

排除するのではなく


学校の先生は

とってもやりがいがあり

とっても

大変な仕事だと思う


こどもたちのこと考えてたら

ルールなんて

組織なんて

言ってられないこと

たくさんあって


こどもたちを守りたい気持ちと

自分が伝えたいことと

組織の言うことにはさまれたら

心がもたなくて当然だと

思う


たまたまこの映画の学校は

こどもを守ることが

1番大事と

明確な校長先生がいるから

成り立ってるかもしれないけど

そして

クラスの人数が少な目なところも

とっても大きいと思う


ひとりひとりの声を聞こうと思ったら

1人の先生がみれる人数は

限られてくると思う


大人数をまとめなきゃならなくなったとき

その中に入れない理由のあるこを

入りたいけど

やっかいなことしてしまうこを

このこがいなかったら

って

思わずにいられるだろうか


その想いが

先生だけじゃなくて

こどもたちにも生まれてしまったら

自分は邪魔なんだって

感じて

こなくなってしまうなんてこと

今までたくさん

起きてるんじゃないだろうか


ぶんなぐっちゃうこも

遅刻しちゃう子も

みんなとあそべないこも


最初から

学校に来たくなくてそうしてるんじゃ

ないはずで


いっぱい

かかえてるこが

いるからこそ

そこに気づけるように

そこをケアできるように

こどもたちが

ケアしあえるように


ケアしあうことが

当たり前なんだって

わかるように


それが

社会なんだって

知るための

準備の場所に

なったらいいな

学校。


勉強はしなきゃいけないことじゃなくて

できることなんだ

勉強、してもいいんだよ


しなきゃいけないと

思わせちゃ

だめだと思う


ぼくはここにいていいんだ

わたしにはできるんだ


そう

こどもたちが思える場所は

きっとこれから

私立でたくさん

できてくると思う


こどもたちの未来をおもう

たくさんの素晴らしい大人たちが

いるんだから


最新記事

すべて表示

ブログ移行!

https://www.instagram.com/invites/contact/?i=2mj6f661xxwd&utm_content=8eftzyp インスタ〜 よろしくどーぞー